雑草抑制商品群

※受注生産品※
全て注文から3~5営業日必要です。送料別途が必要です。納入後はすぐに使用してください。保管はできません。濡らすと使えません。

表面対策

飛んできた雑草の種子を発芽させない目的で土表面を固化します。
施工後、酸性雨による土壌酸化を防ぐ定期的な石灰散布を推奨しています。

土モル(固まる土)

水をかけると固まる土です。湿式でも乾式でも施工できます。

軽歩行用
カチカチになりますが、駐車場には使えません。
厚さ4~6cmの施工を推奨します。
雑草除去や下地作りや勾配計画は必要です。

300kg(軽トラ用)トン袋 23,000円(税別)
施工厚さによりますが1坪(3.3㎡)程度の量です。

2000kg(2トンダンプ用)直接積み 112,000円(税別)
施工厚さによりますが6.5坪(21㎡)程度の量です。

樹木共生用
水の吸い込みが多く樹木と共生できます。
厚さ4~6cmの施工を推奨します。法面には不向き。
吸水性は良いのですが、軽歩行用ほど強度は出ません。
施工前の雑草除去は念入りにして下さい。

300kg(軽トラ用)トン袋 28,000円(税別)
施工厚さによりますが1坪(3.3㎡)程度の量です。

2000kg(2トンダンプ用)直接積み 144,000円(税別)
施工厚さによりますが6.5坪(21㎡)程度の量です。

土中対策

隣地から根で侵入する1年草(雑草)を侵入させない目的です。
境界に線状に埋め、外から侵入してきた根は結界土に触れると枯れます。(特許出願中)
掘って埋めるだけの簡単施工で長期間雑草の根の侵入抑制ができます。雑草が多く取りづらいフェンスやネット下にも有効です。

結界土

公園・グラウンド用
少子化の学校のグラウンド・公園のために開発しました。
設置は雑草の侵入してほしくないラインを15㎝堀り、下から深さ10㎝、幅5センチ以上を結界土で埋めます。表面部分5㎝は必ず土モル等で覆ってください。直接雨がかかる部分に露出させると効果が永続しません。

300kg(軽トラ用)トン袋 38,000円(税別)
約12m分

2000kg(2トンダンプ用)直接積み 210,000円(税別)
施工時はマスク着用、施工後は手を良く洗って下さい。

法面雑草対策

盛土して作られた道路などの法面は、土が逃げないように根が張っていたほうが良いですが、毎年の草刈りはコストがかかります。
クズなどの厄介な種類が増えると手間もコストも一層かかります。
現場ごとの状況に合わせた対策を推奨しております。

法面写真管理

法面をブロックに分けて写真で管理します。写真を撮りブロックごとの雑草対策と作業の計画を立てます。半年後に写真を撮り、効果を確認します。

法尻に田畑がある場合は、農薬の使用に注意を払う必要があります。散布以外の方法で雑草を処分し、農薬の土壌残留量の検査をすると安心です。

緑地帯対策

緑地帯は草刈りをする場合、道路規制の必要があるため長期的にメンテナンスのいらないものがおススメです。
張りコンクリートが適していますが、収縮隙間から雑草が生えてきます。
結界土の目地材バージョンで長期的に雑草が生えてこない、メンテナンスフリーを実現できます。

結界粘土

結界土の防草効果を持った粘土状の目地材です。コンクリートやアスファルトの際の部分に埋めることで長期間の防草効果期待でき、運転時の視界を確保することができます。