• Before

  • After

2階の間取りはそのままで1階を増築したリフォームです。2000年以前に建てられた住宅でこのタイプの増築は大変難しくなっています。
耐震性能基準は阪神淡路の震災後、大きく見直され2000年に建築基準法が変わりました。
2000年以前に建てられた建物に増築を計画する前、建物すべての構造計算を要求されるからです。
同じ工務店に頼んでも以前、ここまで基準が厳しくなるとは想定していませんでしたから、過去に使った材料は覚えていても柱や梁の接合のすべてを把握しているところは少ないのです。これはハウスメーカーも同じです。
よって計画時に所々天井壁を破って材料、接合を確認してから構造計算をして確認申請を上げ、受理されてからでないと増築工事できないのです。
また1983年の法改正以前に建てられた木造住宅なんかはもっと大変で、当時は基礎に鉄筋が義務化されていなくこれらの建物を増築する場合、増築部分だけでなく建物全体の基礎工事をやり直さなくては建築確認申請の許可が下りません。ものすごいコストがかかります。
当社が別棟増築規格をご提案するのは建築基準法の改正といった背景があります。

一覧へ戻る